プレイテック系 オンラインカジノ

ゲーミングプロバイダー

ソフトウェアで選ぶ時代。

1999年の創業以来プレイテック系(playtech)のオンラインカジノは根強い人気があります。

日本語対応版も2003年から始まり、現在では多くのオンラインカジノがプレイテック(playtech)のソフトウェアを採用しています。

 

ですが、このプレイテック系のオンラインカジノはやや心配な面もあります。

この記事ではプレイテック系(playtech)のヘビーユーザーだった僕が、プレイテック系(playtech)オンラインカジノの種類とその特徴、問題点を紹介します

 

プレイテック系(playtech)オンラインカジノの種類は?

最初にプレイテック系のオンラインカジノをご紹介します。

以下9社が日本国内でプレイテック系(playtech)と言われているオンカジです。

プレイテック系(playtech)の人気の理由はその綺麗で迫力のあるグラフィックと操作性のしやすさです。

また近年ではライブバカラなど実際に生の人間のディーラーと対戦できるゲームも開発しており、スリリングでよりリアルなプレイができると人気です。

以下はプレイテック系のライブバカラのキャプチャー画像です。

 

ただこのプレイテック系(playtech)のオンカジですが、少し注意をしなくてはならない面もあります。

以下が3つの注意点です。

注意点① プレイテック系(playtech)は悪徳オンラインカジノに注意

プレイテック系(playtech)のオンラインカジノは大規模なところは少なく、中小のオンカジが多い印象です。

これは実はプレイテック系(playtech)のソフトウェアをオンカジに組み込むための厳しい審査などがないため倫理観の欠ける企業などでも簡単に組み込むことができてしまうからです。

最近では日本語対応をしている粗悪なオンラインカジノもプレイテック系で見られるので、ますます日本人プレイヤーは気をつけなくてはならないのが現状です。

先ほど紹介した9社は日本でも実績のあるオンラインカジノになるので、これ以外のプレイテック系(playtech)はよほどのことがない限りプレイすることは避けることをおすすめします。

注意点② プレイテック系(playtech)はいつの間にかボーナス乱用者に認定されることも

プレイテック系(playtech)の特徴として、いわゆるボーナス乱用者(Bonus Abuser)の認定基準が厳しい点があります。

いつの間にか自分がボーナス乱用者に認定されていてボーナスを獲得する権利を奪われる、なんてこともあるんですね。

しかも一度認定されればプレイテック系(playtech)はそのブラックリストをシェアしているので、他のプレイテック系(playtech)オンラインカジノでもボーナスの権利を失うことになります。

管理人はそうなったことはないですが、ネットの口コミなどを見ているとたまに見かけました。

 

注意点③ 最近はプレイテック系だけじゃなく複数のゲーミングプロバイダーと提携しているオンラインカジノが主流

プレイテック系(playtech)のオンラインカジノはその名の通りプレイテック系のソフトウェアのみ(又はメインで)を扱うので、ゲームの種類が限られてきます。

最近のオンラインカジノの多くはプレイテック系だけでなく、複数のゲーミングプロバイダーと提携しているところが多いです。

その分、たくさんのゲームが遊べるので実は便利だったりするんです。

例えば入金と出金の上限が無制限でかつ出金処理が2分でハイローラーに評判のパイザ(paiza casino)は10社ものゲーミングプロバイダーと提携しており、しかも二大巨頭であるプレイテックとマイクロゲーミングどちらとも提携しています。

つまりこのパイザ(paiza casino)に登録しておくだけで業界最多のゲーム(1000種類以上)を最高の環境(入金出金無制限、着金まで2分)で遊べてしまうので、複数のオンラインカジノに登録する必要が無くなってしまうんです。

プレイテック系(playtech)に愛着を持っていてプレイテック系にこだわる方も多いですが、複数ソフトウェアと提携しているパイザ(paiza casino)などに乗り換えているプレイヤーはとても多いです。

 

パイザカジノ(paiza casino)はプレイテック系を含め10社ものゲーミングプロバイダーと提携。

以下バナーの先の公式サイトから登録が可能です。ぜひこの機会に遊んでみませんか?

出金最短のPAIZA CASINO公式サイトを見てみる
 

プレイテック系(playtech)オンラインCasinoまとめ

プレイテック系(playtech)は1999年創業の比較的若いソフトウェア会社ですが、その派手で綺麗なグラフィックや操作性から一気にオンラインカジノ界でのシェアを拡大しました。

もともとオンラインカジノで有名なゲーミングプロバイダーは以下3社でした。

  • マイクロゲーミング
  • クリプトロジック
  • ボスメディア

現在のオンラインカジノでの採用数から見てみるとすでにボスメディアを凌駕しており、御三家の仲間入りをしていると言っても過言ではありません。

しかし、開設基準が緩いので優良なオンラインカジノばかりではなく粗悪なオンラインカジノでもこのソフトウェアが使われてしまっているという問題もあります。

またボーナス乱用者認定の基準が厳しい面も忘れてはならない注意点です。

 

さらに最近では複数のゲーミングプロバイダーと提携しているオンラインカジノが多くなってきており、ゲーム種類が豊富でまたサイトスペックも高いものが増えてきました。

中でもパイザカジノ(paiza casino)は10社ものゲーミングプロバイダーと契約しており、また入金出金の上限がなくかつ着金まで2分と業界最速なので、ハイローラーを中心に乗り換えをするユーザーが増えてきています。

パイザカジノ(paiza casino)はプレイテック系を含め10社ものゲーミングプロバイダーと提携。

以下バナーの先の公式サイトから登録が可能です。ぜひこの機会に遊んでみませんか?

出金最短のPAIZA CASINO公式サイトを見てみる
 

▼「プレイテック系 オンラインカジノ」ダイジェスト▼

1 プレイテック系(playtech)オンラインcasinoの種類は?
2プレイテック系 注意点① プレイテック系(playtech)は優良オンラインカジノだけでなく悪徳オンラインカジノもいる
3 プレイテック系注意点② プレイテック系(playtech)はいつの間にかボーナス乱用者に認定されることも
4 プレイテック系注意点③ 最近はプレイテック系だけじゃなく複数のゲーミングプロバイダーと提携しているオンラインcasinoが主流
5 まとめ
<編集後記>プレイテック系オンラインカジノが好きだったけど

 

 

<編集後記>プレイテック系(playtech)オンラインカジノが好きだったけど・・・

管理人は以前はプレイテック系(playtech)のオンラインCasinoをかなり遊んでいました。

やっぱりあのプレイテック系のグラフィックの綺麗さや操作性のしやすさなどは他のゲーミングプロバイダーにはなく、一度プレイテック系に慣れるとなかなか他のソフトウェアをプレイする気にはならなくなってくるんですね。

でもプレイテック系(playtech)のオンラインCasinoばかりプレイしていると、やっぱり飽きてくるんですよね・・・最初はプレイテック系の派手な演出とかに脳が活性化していたのですが、慣れてくると刺激が足りなくなってきたんです。

それで浮気をしてwパイザ(paiza casino)をプレイしてみたら・・・面白い!

やっぱりプレイテック系のみよりも色んな種類のゲームがあったオンラインCasinoのほうが飽きにくいですし、各社次々と新しいゲームを出してくるのでそれがまた面白いんですね。

プレイテック系(playtech)のオンラインCasinoはそれからだんだんと遊ぶ機会が減ってきてしまいました。

やっぱり時代はプレイテック系(playtech)ではなく「複数ゲーミングプロバイダー」なんだと思います(個人的にですが・・・)

パイザカジノ(paiza casino)はプレイテック系を含め10社ものゲーミングプロバイダーと提携。

以下バナーの先の公式サイトから登録が可能です。ぜひこの機会に遊んでみてください。

出金最短のPAIZA CASINO公式サイトを見てみる
 

コメント